訪問いただいたお客様


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

FlowerAngel中山ユリカ

Author:FlowerAngel中山ユリカ
・FlowerAngelセラピールーム代表
・占い・スピリチュアルを楽しく学ぶ「LightLifeLabo」講師

スピリチュアルカウンセラー
エンジェルセラピスト

リーディング、チャネリングを得意とし、カバラ数秘などを組み合わせた中山ユリカ独自の占術と併せてクライアントの人生、使命、未来展望、過去生などをお伝えします。

s-flower-frame039.jpg

FlowerAngelセラピールームより皆さまにお知らせです。

☆ 11/16(日)1dayセミナー

毎回1つのテーマに絞って三人の講師がそれぞれ得意分野から皆様に分かりやすく占い・スピの世界をご案内する占いセミナー、次回は11/16(日)渋谷にて開催です♪
テーマは「レイキマスター瑚河慧の、レイキヒーリング体験会」
詳しくは、こちらです☆



光あふれる毎日を。

皆さまにお会いできること、たいへん光栄にそして嬉しく思います。
これからも当ルームをどうぞよろしくお願いいたします。

FlowerAngelセラピールーム 中山ユリカ


IMG_1342b.jpg


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


QRコード

QR

全記事表示リンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さま、こんにちは。

今日は朝起きて、「す、涼しい!」と思ってなんだか嬉しくなり、
でもやっぱり日中は暑くなり・・・出会った人と「やっぱりまだまだ暑いですね~」と会話し、
夕方になると「やっぱりなんだか涼しくなっている!」と空を見上げた一日でした。

ひと雨ごとに秋に近づいていきます。


mukuge.jpg


週末にみた映画で、思い出したり分かったりしてとても印象に残ったことがあったので、書いてみたいと思います。

観たDVDは「戦火の馬」です。第一次世界大戦のころのイギリス、フランスが舞台です。
美しく勇敢な馬が平和のかけはしとなって最前線の戦場に友好をもたらしたという心温まるお話です。もっともっと奥の深い素晴らしい映画なので、映画館での上映を見逃された方、お好きでしたらぜひご覧ください。

・・・基本的には、戦争や動物が倒れこんでしまうような映像は好きではないのですが
スピルパーク監督作品ということで、ファンタジーな感じがつよいのでは!と勝手に解釈し、観ました。

途中、馬の美しさ、フランスの風景の美しさにも魅了されながら、後半、主人公とその主役の馬が出会うことになる病棟が映し出されたとき、私は、胸をトンと突かれたような気がしました。私はここにいた、と思ったのです。

私の過去生に、20歳くらいで亡くなった女性の人生があります。その女性は情熱的で、好きな男性が兵隊として戦地に赴いたことを悲しみ、周りの反対を押し切って軍に志願して従軍看護婦となりその男性に会うことを夢見ながら負傷者の看護にあたり、空撃で亡くなっています。好きな男性には戦地で出会うことはなかったようで、未婚のまま亡くなりました。

週末、自分でわかったのは爆死した場所がヨーロッパだった事、第一次世界大戦のころの話であること、です。
なんとなく、そうだろうと思っていのたですが、映像で観ると過去生の私に戻ってしまったかのような錯覚におちいりました。

そもそもその過去生はだいーぶ前に教えていただいたのですが、そのとき、それまでのいろいろな出来事、感情などがすごくつながってびっくりしたことを覚えています。

誰もがそうかもしれませんが、今世の私も、戦争や大きな音、爆撃機のようなエンジン音が苦手で、結婚に対してはすごく憧れがあり、でも赤ちゃんを授かることや出産に対してはどこかこわい思いがありました。

小さい頃、毎日同じ夢をみて、叫び声をあげて起きるので、いつも親に怒られていたのですが、ちょっと説明すると、それは意識が遠のく感じになってはじまり、なんともいえない音とともに砂嵐のような映像になり、その中で私はどうもボーリングのピンであり、上のほうからボーリングのピンが回転して近づいてきて私に当たるという内容の夢でした。音はぐわんぐわんぐわんというなんともいえないいやな音でだんだん大きくなり、私はいつも絶叫してそのあともこわくて泣く・・・というものです。


親からすれば大迷惑です。

小学校高学年のころには見なくなり、インフルエンザや高熱にうなされたときに何度かみたかな・・・くらいになっていました。学生の頃は、私はきっと過去、ボーリングのピンだったんだ、と思っていました。

学生の頃の私は自分で運動をするのが好きで、マネージャーなんてとんでもないという感じのお転婆女子だったのですが、何を血迷ったか、高校のころにマネージャーに憧れて、させてもらったことがあります。血迷ったかとはこのことで、自分の運動のほうが忙しくなりすぎて何ヶ月かですみませんと謝ってやめさせてもらったのですが、自分でもなんであんなこと思ったんだろう、周りも当惑して当たり前・・・(泣)と恥ずかしくなったことがあります。

そんなこともすっかり忘れていて、全然違う話からその過去生を教えてもらったとき、ボーリングのピンは私も含めて人間だったのだと気づきました。爆撃の様子から分かりました。また、20歳より前に看護婦になりたいと思ったことはありませんか?ときかれ、そんなことない・・・と思いつつ、「は!」とマネージャーになったときのことを思い出しました。

過去生で味わった死の際の恐怖は消えておらず、そして遂げられなかった思いを今世でやり遂げようと、マネージャーとなって同じことをしたんですね、と言われました。

なんであんなことしたんだろう。
怖くて、親からは怒られたでもよくわからない内容の夢。周りもびっくり呆れたマネージャー業・・・。でも分かったから、安心しました。

理解したことで心に引っかかっていたことがすっきりしたのです。

その過去生での私を思って声をかけてあげると、私の中でも知ってくれてありがとうと喜んでいる私もいるようで、不思議で、でも安心したような、あたたかな気持ちになれたことを思い出します。


illust4494_thumb.gif



ただの占い&スピリチュアルなこと大好きな人間だったころのお話でした。

今はこうして、観る側としてお仕事をいただくようになり、過去生のご本人からのメッセージや背景をクライアントさんにお話しするようになりました。

セッション中、急に涙される方がいらっしゃったり、なんだか良く分かってすっきりしました・・・とおっしゃってくださる方があると、私もつい、もらい泣きしてしまうことがあります。


そして、そんなときは、過去生のご本人が、クライアントさんの近くで同じように喜びや安堵の表情で現れてくださっていたりするのです。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flowerangelyurika.blog.fc2.com/tb.php/19-63828a2a

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。